テクノロジー

Our Mission

創薬研究の新大陸を拓く

xFOREST Therapeuticsは、RNA構造を創薬ターゲットとした独自解析技術「FOREST technologies」で創薬研究のパラダイムシフトを目指します。FOREST technologiesは、最大100万種のRNA構造の超並列生化学解析システムとin silico解析パイプラインを統合した技術プラットフォームであり、臓器・生物種・ウイルスを問わず、あらゆるRNA構造を網羅的な機能解析が可能です。同技術における結合群・非結合群の統合的な解析により、RNA構造との特異性の高い結合体の探索が可能となりました。本技術を通じて、RNA構造を標的とした医薬品の迅速かつ効率的な開発を実現します。

Topics

RNAを標的とした低分子医薬品

創薬研究において、現在主流となっているのはタンパク質を標的とした開発研究です。しかし、DNAからタンパク質へ翻訳される過程で、その遺伝情報はヒトゲノム全体の2%程度にまで低減するうえ、創薬の標的となりうるものはそのうち1/40程度とされており、結果的に創薬研究の「タネ」は枯渇しつつあります。

そこで近年、タンパク質の代わりにRNAを標的とした創薬研究が注目されつつあります。なかでも、我々は低分子化合物由来のRNA標的医薬品が潜在的なポテンシャルを秘めていると考えています。

一方で、これまで検討されていた低分子化合物を用いたRNA標的創薬研究においては、「複雑性の高いRNA高次構造を取り扱うスクリーニング系の運用」、「RNAと低分子化合物の相互作用におけるビッグデータ解析基盤の確立」、そして「 標的RNAに似て非なるものを区別できる結合特異度への評価・洞察」 が十分ではなく、この分野の進展を妨げておりました。

xFORESTでは、この課題を解決する最先端かつ理想的プラットフォームを提供し、創薬研究のイノベーションに貢献します。

What's New in xFOREST?

in silico, in vitro, in celluloでRNA構造の網羅的解析を実現

たった一本のチューブ内で数万種のRNAライブラリを同時並列かつ一塩基レベルの解像度で網羅的に解析できることから、化合物ライブラリプレートを用いることで数万の化合物についてRNA結合性とその選択性の同時評価を実現。 蓄積された情報は日々進化する巨大データベースへと統合されています。

xFOREST Therapeuticsでは、RNA構造の相互作用を大規模に解析するために、多重アフィニティーアッセイシステム・FOREST(FOlded RNA Element profiling with STructure library ) technologiesを開発しました。FOREST technologiesでは、Pre-mRNAやウイルス、アプタマーといった様々なテーマを有するRNAの構造モチーフライブラリのほか、in vitroでの転写により、スケーラブルかつ設計可能な方法で構造ライブラリーを生成し、ターゲットとなる遺伝子に合わせた形でユーザーが定義したRNA構造の結合機能を包括的に解析することができます。