ニュース

2020 10.06.

xFOREST Therapeutics、神経疾患領域でのRNA構造標的創薬に向けた共同研究を武田薬品工業と開始

株式会社イクスフォレストセラピューティクス(本社:京都府京都市左京区、代表取締役社長CEO:樫田俊一、以下、xFOREST社)は、武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、以下、武田薬品)と神経疾患遺伝子群のRNA標的医薬品を創出する共同研究プロジェクトを開始いたします。

本契約のもと、xFOREST社は独自の大規模同時並列解析プラットフォーム群「FOREST technologies」を提供し、RNA構造を標的とする体系的な低分子創薬研究を推進します。武田薬品はこの共同研究プロジェクトで見出されたRNA構造をターゲットとする低分子化合物を独占的に研究開発および販売する権利を持ちます。

xFOREST社は共同研究開始時の一時金のほか、一定の開発の達成に応じたマイルストンならびに医薬品の創出に成功した場合、売上に応じたロイヤルティを受け取る権利を有します。

武田薬品工業株式会社ニューロサイエンス創薬ユニットヘッドであるCeri Daviesは、

「xFOREST社が持つプラットフォーム技術により、従来の創薬研究で取り組むことが難しいとされていた神経疾患領域のターゲットを研究対象にすることができます。本共同研究が、治療方法が未だに存在しない疾患で苦しむ患者さんに、新たな治療オプションを提供できる機会となることを願っています。」と述べています。

株式会社イクスフォレストセラピューティクス 代表取締役社長CEO 樫田俊一は、

「イクスフォレストセラピューティクスは、高効率・体系的なRNA標的創薬の実現を目指し、独自技術・FOREST technologiesを開発してまいりました。この度、武田薬品工業様と神経疾患領域におけるRNA標的創薬研究を開始できることに武者震いするとともに、この共同研究を通じて一日でも早く患者様へ新薬をお届けできるよう、邁進してまいります。」と述べています。